矯正治療で歯科いらずの健康な歯を手に入れましょう

###Site Name###

歯科領域において、矯正治療は審美目的のみではありません。
むしろ、審美はおまけでついてくるような結果であり、本来の目的は口腔内の健康を保つためなのです。


例えば、歯並びが悪く、歯と歯が重なって生えている場合は重なっている部分を清潔に保つのが非常に難しく、虫歯や歯周病の原因となり歯の寿命を短くしてしまうことがあります。

また、噛みあわせがきちんと出来ないと肩凝りや頭痛の原因になったりすることもありますし、きちんと噛み合せることが出来ないと高齢者の場合脳への血流が減少し認知症の進行を早めてしまうという研究結果もあります。

最悪のケースですと、歯並びの乱れによって、噛み合せる時に極端な負荷がかかり、そのせいでその負荷がかかる歯を失ってしまうケースさえあるのです。

そういったケースの場合、特に前歯部の場合は歯の形状の関係で周囲の歯にも同時にダメージを与えてしまう可能性があり、手遅れになると部分入れ歯が必要になることもあります。歯科医としては、あくまで歯の寿命を少しでも長く、出来れば一生自分の歯ですごせるようにという考えで、治療として矯正が必要になると判断するケースがほとんどなのです。

虫歯治療の口コミ情報が揃っています。

実際に歯科医やその家族は矯正治療を受けている方も多いのです。最近では、そういった考えが一般にも広まりつつあり、小学校の歯科検診などで要矯正と判断され歯科医院を訪れるというケースも増えてきています。
特に日本人の多くは歯周病や虫歯等、歯磨きで予防が出来る病気によって歯を失い、大きな入れ歯を入れる結果になってしまうケースが目立ちます。

歯医者情報を利用してみませんか?

決して老化で歯を失っている訳ではないのです。


そういった事実が周知されてきたこともあり、小児だけでなく成人になってからも矯正治療の必要性を考える患者さんが増えています。



矯正治療を受ける前のカウンセリングで、ではどうしたら一生自分の歯で過ごすことが出来るのか、という視点でカウンセリングを受けてみてください。

成人の多くは自覚症状はありませんが多少なりとも歯周病に罹患している方がほとんどなので、進行を食い止めるために、どういった矯正治療が望ましいか、信頼出来る歯科医と時間をかけて検討していくというのが一番です。